トップ / 駐車場で起こる違法駐車

駐車場に違法駐車がある場合 

ご自身の駐車場に違法駐車をされていたという話はよく耳にします。対策としては、入られないように柵やコーンを置いて駐車しにくいようにします。入口に「無断で止めた車には罰金」と書かれている方も多いですが、効果はわかりません。相手の自動車に傷を入れたり、しつこく金銭を請求すると恐喝罪として逆に訴えられてしまっては元も子もありません。それでも駐車場に違法駐車されてしまうのであれば、警察に相談すると土地に無断に侵入したことで告訴・告発を行うことが出来ます。やり方によって、撤去してもらうことも出来るのでよく検討してからお決めください。

違法駐車は痛い出費になる 

2006年に道路交通法が改正され、違法駐車の取り締まりが民間委託されました。駐車場ではない場所に駐車している車やバイクは、民間の業者によって違法駐車時の写真や駐車日時、車やバイクのナンバーが全て記録され、最後に駐車違反を示す黄色いステッカーが貼られます。万が一このステッカーが貼られてしまった時は、最寄りの警察署に出頭して「反則金」を納める必要があります。車の場合は15000円、バイクの場合は排気量に関係なく9000円の反則金が課せられます。このため、車やバイクで都心部に出かける際は必ず駐車場に止めるようにしましょう。

駐車場犯罪